手軽に申し込むシンプル求人センター。

  
おすすめリンク
厚生労働省のHPに、以下の文言が明記してありましたので添付致します。 これをみれば、「なぜハローワークの求人票が、現実とかけ離れた適当な内容でもまかり通るのか」、 がわかると思います。 厚生労働省がホームページ上で示している見解(全文) 「Q 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と 実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか? 」 「A 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う 労働条件の明示とは労働者個々人に対して書面で明示される労働条件のことです。 つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に 提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には 該当しません。 なお、ハローワークに掲載されている求人票の条件と実際の条件が異なる場合は、 まずはハローワークにご相談ください。」 参照場所:厚生労働省のHP 「よくあるご質問」→「労働基準」→「労働基準Q&A」→「その他」 非常に腹が立ちますけど、これが現実です。 なので、ハローワーク以外にも、人材紹介会社とかを利用する事をお勧めします。